vol.6

高橋 真琴

Facebook Twitter

カワイイの原点 高橋真琴展 ROOTS OF JAPANESE KAWAII

KAWAIIの源流、高橋真琴の足跡を探る

2014.09.11

  • Photos by Akiko Nagamatsu , Kazuyoshi Takahashi
  • Text & Interview by Tomohiko Matsumoto

HARAJUKU、アイドル、アニメ、マンガ・・・
日本のKAWAIIカルチャーが世界へ飛び出している現代、
そのKAWAIIの原点を振り返る展示がSPACE8で行われています。
1950年代から現代まで、60年以上にわたって少女達の憧れを表現してきた、
高橋真琴さんの個展です。
現代のKAWAIIカルチャーをのぞいてみると、高橋さんの足跡が多大な影響を与えてきたことは一目瞭然。
世界に羽ばたいたKAWAIIの原点=「高橋真琴」の原点に迫ります。

makoto_01_DSCF0572
SPACE8でインタビューを受ける高橋氏。聞き手はSPACE8のオーナー松本知彦です。

―今回SPACE8で個展を開催することになったきっかけは?
もともと松本さん※1とは大阪で一緒に描いていた仲間だったんです。
僕は進む道が違ったので劇画の仲間とは親しく交流はなかったけれども、東京に出てきて僕が新宿で初めて個展をやるとき松本さんが来られて、昔の仲間でそうやって来てくれたのは松本さんが最初だったので印象に残ってます。
そのあとも何度か来てもらって、機会があったら何か一緒にやる可能性もあったんです。
だから息子さんからお話があった時は、協力しなきゃということでこういうカタチになりました。

※1 松本さん
松本正彦 1934~2005 漫画家・切り絵作家。高橋真琴さんとは大阪時代に貸本漫画『影』で共に執筆した。

―絵をはじめられたきっかけは?
絵は小さい時から、ハイハイする前からずっと描いてたらしいんですよ。
中学2年生の時、中原淳一さんがやっておられた創刊から間もない頃の「ひまわり」が学校の図書室にあって、それを見てこういう世界もあるんだと。
それまでマンガを見ても小説を読んでも男性路線しかない中、中原淳一、蕗谷虹児、叙情画の流れでいうと竹久夢二、それらの絵を見たら、どうしても描きたい気持ちになって。
小学校時代からなりたいものが3つあって、父親が歴史が好きだったのでその影響もあって考古学者か、星も好きだったので天文学者か、もちろん絵は好きだったので絵描き、その3つのどれかになりたいと考えていたんですが、13歳で中原淳一さんの絵を見てそれで決まってしまったんです。

DSC_2848_02
原画展示だからこそ、使用されている紙や絵具の風合いも間近に感じることができます。

―最初はマンガからスタートされていますが何か理由があるのですか?
高校で色染を学んだあと、1年間染料の助剤を作る会社に就職しまして、ナイロンに染料を定着させる試験室に配属されていたのですが、その現場にマンガの描き版(印刷用のジンク版に色版を描く仕事。当時オフセットはないのでカラーは描き版という技法で刷られていた。)をやっていた人が入ってきたんです。
その人に自分は絵が好きで描いているんだということを話したら、以前やっていた描き版の親方を紹介してあげると言われて、その親方から紹介してもらった出版社でマンガを描くようになるんです。
最初は24ページくらいの冊子からスタートしました。

―その後、東京に出られて表紙絵を描くようになるのですよね?
本当は中原淳一さんの「ひまわり」の路線をやりたかったんですが、マンガも好きでしたから、そういう偶然の経緯でマンガからキャリアをスタートさせたんです。
そのうち叙情画と中原淳一さんのやっておられたこと、それとマンガ、これらをミックスさせて新しいものを作ろうと思うようになりました。
ちょうどその頃、大阪でマンガの編集をやっていた松阪さん※2が東京の出版社、光文社などに本を送ってくれていて、向こうからやりませんか?と声がかかるんです。
それが東京の雑誌に描くきっかけでした。
最初は東京へ行って仕事で缶詰になって、大阪へ帰ってということを繰り返していたんですが、大変ですから東京に出て来いということで、光文社、講談社の近くへ越してきました。
出版社が飛行機代を払って手塚治虫と高橋真琴を東京に呼び寄せたという、今では伝説になっていますが(笑)

※2 松坂さん
松坂邦義 元貸本マンガ編集者 研文社、三島書房、三洋社などで編集を担当、川崎のぼるを見出した。

Back Numberbuck number一覧

vol1
  • vol.9
  • POP/LIFE  日本にポップは無かった。
  • 宇治野 宗輝
詳細はこちら
vol1
  • vol.8
  • 自然体の個性 
詳細はこちら
vol1
  • vol.7
  • 捨てられるモノ、生き返らせるモノ
詳細はこちら
vol1
  • vol.6
  • KAWAIIの源流、高橋真琴の足跡を探る
  • 高橋 真琴
詳細はこちら

スケジュールスケジュール一覧

MUSABI REUNION
  • 2016年3月4日(金)~3月13日(日)
  • MUSABI REUNION
  • 武蔵野美術大学卒業生 再会 そしてこれから

開催終了

詳細はこちら
白柳 花子 ちりめん細工 端綺麗 HaKirei
  • 2016年2月26日(金)~2月29日(月)
  • 白柳 花子 ちりめん細工 端綺麗 HaKirei

開催終了

詳細はこちら
シマダテツヤ展
  • 2016年2月13日(土)~2月14日(日)
  • シマダテツヤ展
  • Tetsuya Shimada Exhibition

開催終了

詳細はこちら